開催案内

仙台CTFとは

 サイバー攻撃による被害を低減するために必要となる、情報セキュリティ技術を学ぶ「セキュリティ技術勉強会」と、技術力を競う「セキュリティ技術競技会(CTF)」を行うセキュリティイベントです。

 「現場で役立つ技術」を取り扱っており、CTFでは勉強会の復習問題も出題しますので、初心者の方も気軽にご参加ください。

開催概要


日程 平成29年11月12日(日) 10:00~17:00 (9:30受付開始)
会場 仙台市市民活動サポートセンター 地下1階 市民活動シアター
宮城県仙台市青葉区一番町4丁目1-3
主催 MISA 一般社団法人宮城県情報サービス産業協会
運営 仙台CTF実行委員会
協賛 東北インフォメーション・システムズ株式会社
株式会社セキュリティイニシアティブ
後援 総務省東北総合通信局、経済産業省東北経済産業局
対象 情報セキュリティ技術に興味がある社会人や学生のうち、これから本格的に学習を始めてみたい人

  • [前提知識]
    • テキストエディタによる検索など基本操作ができること。
    • コマンドライン操作にアレルギーがないこと。
    • 本イベントではマルウェアに感染したWindowsパソコンの調査手法などを取り扱うため、ウェブ閲覧、メール送受信などWindowsの基本的な取り扱いに関する知識があること。

募集定員 36名
応募者多数の場合、抽選となります。
申込締切 平成29年9月30日(土)
応募者多数にて抽選となった場合、抽選結果は、10月1日に、connpass から登録者宛てに、抽選結果のメールが配信されます。
参加費 1,000円 (当日受付時に支払い)
プログラム
時間(予定)
内容
09:30-10:00
受付
10:00-10:20
開会式
10:00-10:05開会挨拶 一般社団法人 宮城県情報サービス産業協会
10:05-10:15サイバー犯罪の現状
宮城県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課
10:15-10:20オリエンテーション(注意事項、会場利用 等)
10:20-12:00
セキュリティ技術勉強会・・・講義+実習形式
[テーマ]
マルウェアに感染したWindowsパソコンのメモリ解析とタイムライン解析入門

12:00-13:00
昼食休憩
13:00-16:00
(競技時間150分)
セキュリティ技術競技会(CTF)・・・ジェパディ形式の個人戦
[出題ジャンル]
ログ解析、マルウェア解析、フォレンジック、セキュリティ診断、雑学、勉強会の復習問題

13:00-13:10競技ルール説明
13:10-15:40競技会(CTF)
15:40-15:50表彰式
15:50-16:00休憩
16:00-17:00
問題解説、意見交換会
[ティータイム]
出題されたCTF問題の解説、実行委員および参加者との意見交換

16:00-16:20出題問題の解説
16:20-17:00意見交換会
参加者の持ち物
  • (1)ノートパソコン
    • OS種別は不問。ただし、後述「参加者の準備」に記載のソフトウェアが動作すること。
    • メモリ搭載量4GB以上、ストレージの空き容量が20GB以上あること。
    • USB2.0規格のUSBメモリを読み込み可能なこと。
    • 無線LAN(IEEE 802.11b/g/nまたはIEEE 802.11a/n/ac)に接続可能なこと。
      会場備え付けのインターネット接続環境(無線LAN)が利用できますが、CTFスコアサーバとは異なる無線LANアクセスポイントとなるため、適宜接続先を切り替えてご利用ください。

  • (2)電源延長コード

申込方法

イベント支援サービス「connpass」に設置した受付ページから申し込みください。

「connpass」 仙台CTF受付ページ
https://connpass.com/event/56841/

参加者の準備

ノートパソコンに、次のソフトウェアをインストールしておいてください。

  • ※1 公式サイトよりプログラムをダウンロードし、任意のパスに展開してください。
  • ※2 必要なツールを予想し準備することもCTFの競技の一部です。(別途、準備の参考として、ツールの一例を紹介する予定です。)

注意事項

仙台CTFの開催趣旨および実行委員会